クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングのクラウドの語源は、雲という意味を持つcloudになります。クラウドソーシングと混同されがちですが異なる語源のクラウドになります。ネット上にある様々な資源をクラウド(雲)とイメージし、その雲へアクセスする事で利用したいソフトなどを自分のパソコンへインストールする事なく気軽に使えるのが特徴です。

 

クラウドコンピューティングがもたらした利益

一昔前まではパッケージソフトを家電量販店で購入しCDをインストールしてと面倒な手間がかかりましたよね?クラウドシステムを利用する事で気軽にしかも安く色々なサービスを利用する事が可能となりました。わかりやすい例をあげると、世界ナンバーワンソフトウェア会社であるアドビ社のフォトショップという画像編集ソフトは元々プロが利用するものでしたので数年前までは10万円以上もする大変高価なソフトで誰でも簡単に使えるものではありませんでした。現在では、このクラウドコンピューティングを利用した、アドビクリエイティブクラウドというシステムを利用すると月額1,000円程度で利用が可能となりました。家電量販店に足を運んでソフトを購入したり、家に戻って箱を開けてCDをインストールするといった面倒な手間が省けて消費者にとっては二重に嬉しいサービスですね。サービス提供側にとっても、クラウドコンピューティングを通して敷居を下げる事で世界中からアクセスを呼びやすくなり、より多くの方に継続課金という形でお使い頂く事で、結果としてより多くの、そして、安定した収益確保につながるのではないでしょうか?